賃貸物件では電話線とテレビのアンテナの位置

賃貸物件では電話線とテレビのアンテナの位置

テレビが普及し始めたころは、テレビがあるのがまだ珍しいこともありました。近くのテレビのある家に見せてもらいに行くこともあったようです。その後ようやく全世帯にテレビが普及するようになります。非常に貴重なものなので、もちろん一家に1台です。リビングや今にどんと置かれていました。そういった部屋にアンテナコードも引かれていたのです。その後、個別に活動する家族が増え、一部屋にテレビを置く時代になります。テレビも安くなりました。

そういったことから、一戸建てにおいては、各部屋にテレビのアンテナが用意されています。一つのアンテナ線を分波する必要もありませんでした。しかし部屋数の少ない賃貸物件の場合はそういくつもアンテナ線があるわけではありません。通常はひとつになります。問題はそれがベストの位置にあるかです。もっともよいのはちょうどテレビを置きたい位置にあることです。実際はそうはいかないので、無理やり置くか、コードを延長することもあります。

電話のモジュラージャックの位置も重要です。電話だけでなくインターネットで利用するからです。ADSLのモデムなどを介します。これがパソコンを置く位置と違うと、コードを伸ばさないといけません。引っ掛ける原因にもなります。

Copyright (C)2014賃貸物件では電話線とテレビのアンテナの位置.All rights reserved.